株式投資をして人生ニヤニヤ

ちょっとやってみます

入り口と出口の話

 

「炭鉱に使われていたトンネル跡炭鉱に使われていたトンネル跡」のフリー写真素材を拡大ハローエブリワン!

 

 

みんな、「ヘルスケア」って言葉、知っていますか?

自身の健康の増進とかのために管路をしたりすることを言うんだけど、あんまりなじみがないですよね。

 

投資をして日々ニヤニヤしている私は「ヘルスケアセクター」の銘柄が割と好きでETFを購入しているからたまたま知っていました。

 

そんな言葉を知らなくても多かれ少なかれ、どこか健康を気遣っていると思います。

そりゃ将来病院に行きだしたら湯水のごとく金を使うし、そもそも不調は嫌。

やっぱり健康にはそれなりに投資しようって思うわけです。

 

でも健康って一口に言っても色々ありますよね。

 

ここでおっひょい丸からいい言葉をひとつ。

 

歯とケツは一生モノ

 

 

もう一度言いましょう。

 

 

歯とケツは一生モノ

 

 

サプリをとったり睡眠をとることもきっと重要なんです。

私はマルチビタミンイミダゾールジペプチド飲んで、毎日6時間睡眠とってます。どれが意味あるかは分かりませんが何となく調子は悪くないです。

 

ケガしてもちゃんとかさぶたできるし、お腹壊してもいつの間にか治ってる。

 

けど、歯とケツは替えがきかないんです。

 

永久歯は無くなったら生えてこないし、肛門括約筋は痔の手術をした時に切り取られたりした場合、締まりが悪くなるそう。コワイネ

 

だから、歯磨きだけじゃなくてフロスもするし、ウォシュレットだってする。

ちゃんとキレイキレイするんだ。

 

 

要は何が言いたいかって入り口出口はしっかり管理したいよねってことです。

 

 

投資も一緒ですね。

 

 

昨今、「雇用が○○歳まで引き伸ばされるー」とか「税金がー」とか状況が刻一刻と変化しています。

私が引退するころには消費税も20%で定年が80歳!死ぬまで働こう!なんて8020運動的な言葉まで出てきているかもしれません。

 

私が日夜投資に関しての熱い議論を交わしているツイッター界隈では「引退近くなったら考えようや!」というのが一般的意見な気がします。

 

ただ、入り口が積立NISAだったり、iDeCoだったりで考え方や税制が変わってくるはずです。そこは各々の属性などに合わせて最適解をつ切り上げていくしかないですね。

頭の体操がてら、現状でのプランを練ってみるってのは面白いかもしれません。

 

 

 

ささやかな願いといえば、それなりに働いて稼いで目いっぱい楽しんで、スンッッと死ぬことかな

 

 

※投資を絡めた記事が書けました

 

飽きやすい性格なんですわ

かれこれ30年以上生きてきて、いろんなことにチャレンジしたと思う。

一瞬で興味をもって、一気に調べたりチャレンジしたりするけど、全然長続きしない。

なんだかすぐに面倒になったり、飽きたりする。

 

思い返すと、人生で一番長続きしているものって何だろう?

ネットサーフィンぐらいじゃないか。

あ、落ちもの系のパズルゲームは種類を変えて今でもやってるか。

テトリスなんかは以前一日10時間以上やってて、遂にはランクインまでしてたっけ。

 

飽きやすい性格に気が付いたのは高校生ぐらいだったか。

大学に進学するときに、「理系でも興味ない学部に行くと地獄だな」となんとなく思って、理科でも化学中心の学部を選んだ。

正直、物理のほうが成績は良かったが、なぜか興味は持てなかった。

 

仕事は「つぶしがききそう」で、「理科実験的なのが出来そうなところ」であれば続けられそう、というような理由で選んだ。所詮ギャンブルだと思ってたからね。

 

その後転職したが、飽きが来たわけではなかった。

労働内容など総合的な判断で職を変えた。

仕事内容が好きであれば続けられるものではなかったのだ。

 

最近、英語が必要だと感じてはいるが、多分一週間もしないうちにその気持ちはなくなるだろう。

多分、海外に転勤が決まらない限りやらないと思う。

ただ、今後サラリーマンを続けていくうえで、職に困らないようにするために英語はできたほうが良いという気はしている。

そんな理由で、続けることはできるだろうか。

 

根気強く努力できる人がうらやましいよ。

考えすぎも疲れちゃう

最近疲弊が激しい。どうも疲れが取れないような気がする。

 

結果、おそらく「考えすぎ」が原因ではないかと推察した。

 

運よくパートナーを得たことで、独身プラン→家族プランへの変更を余儀なくされたことが大きな要因かもしれない。(それと無言の周りからの圧力)

 

インターネットにより情報が得やすくなり、なまじっか知識がついてしまったため、まだ見えもしない将来について色々考えすぎてしまっていたようである。

 

今までは不要だった情報が突然必要になり、意味もなく戸惑ったり。

 

その日1日を大切にして生きることに集中して、過去に囚われることなく、将来の事で疲弊しないようにしたい。

 

自分ひとりで頑張っても短期間では大したことできないから、少しづつ積み重ねていくしかない。

 

将来を決して蔑ろにするわけではない。考えて心配しすぎないようにするのだ。

 

 

新しい土地でニヤニヤ

f:id:ohhyoimaru:20180818011153j:plain

また引越しをした。

もう人生で何回目だろうか、下宿をしていた時から数えてみると大体7回ぐらいしている。

 

転勤も含めて7回もしていると住んだ土地に対して愛着とかそういったものは無く、ただ「便利であること」に「住んでよかった」と感じる。

 

現在住んでいるところもそのうち離れるだろう。

次はどの土地に行くことになるだろうか。

また周辺散策するの面倒だな。荷物とか面倒だな。

面倒なことしか頭に浮かばない。

新しい出会いがーまってる♪♪なんて思ったりしない。

 

今回の引っ越しは一身上の都合のためで、ネガティブなのものではない。

が、新しい土地に住むことは非常に骨が折れる。

 

住所変更とか一気にできるサービス無いんかね。。。

証券口座とか取得資格の住所変更とかほんとに面倒。

 

ここまで文句ばかりを書いてきたものの、いいことも少なからずある。

 

例えば整理整頓スキルの上昇、地域になじむ力の向上などはどこに行っても必要なものである。

煩雑な手続きもサクサクこなせる男はモテモテ間違いなし!

そんな状態を見て惚れる女はいねぇか・・・

 

あ、女子大生が多いのはいいことかな

夏の夜風にあたりながらなんとなく感じた事

私がオフ会に参加するようになってもう2年ぐらい経つ。

少し緊張するちょっぴり刺激的な、あの感覚は多くの人が共感するだろう。

 

投信ついったらーとリアルに会うとなぜだか色々戸惑う。

何度か会っていても同じ違和感。

 

嫌とか気持ち悪いとかそういうのじゃない。

 

なんかこう、薄い雲の上にふわふわ浮かんでいるようななんか変な感じ。

目の前にいるのにツイッターで会話しててアイコンが浮かんできて、いつものやり取りが始まる。なんだかよくわからないけどそんな感じ。

 

顔も見たことないのにその人の情報を知っている。

共通の話題がいくつかある。なぜだか会話の間もわかる気がする。

 

楽しいよね。

 

一方で、すべての人が必ずしも善人ではないことも頭の片隅においておこう。

 

ただそれだけの話。

社会人の試験の勉強の仕方

先日、久々に試験なるものを受験した。

思い起こせば試験らしい試験は大学受験以来受けていないし、勉強らしい勉強もした記憶はない。

そんな状態なのに、合格率3割の試験に勢いで挑んできた、その忘備録である。

 

まず社会人は時間が中々取れないことを自覚する 

サラリーマンは1日の時間が限られている。

朝会社に行き、クタクタになって帰ってから集中して学習できる時間は1~2時間程度しかないと思おう。

疲れてるから眠たくなるし、気合も入らない。

会社での勉強が可能なら、隙間時間にゴリゴリ勉強するのもアリだ。

効率よく勉強するためには 

学習は「インプット→アウトプット→インプット」の流れを短期間でやると記憶に定着しやすい。ソースは俺。賢い人はそんなことないのだろうけど私の場合は何回か同じことを繰り返さないとなかなか覚えられない。

なので、章単位に分けて「教科書のインプット→問題集を解く」を繰り返す。

こまめに寝る

これは独自のやり方であるが、1章やり切ったらいったん勉強をストップして15~30分寝る。ただし横にならない。椅子などに深く座ったまま目を瞑る。

横になったら朝になるぞ、気をつけろ!

要は脳の休憩を必ず一定時間毎に入れるのだ。

その時には一切の考え事をしてはいけない。

「また日経下がってるよー」とか「試験が終わったら・・・」なんて考えてはいけない。休憩することだけに集中するのだ。

アスリートも効率的な練習をするために積極的休息が必要だと言っていたはずだ。

具体的にどうやってやるか

①スケジューリング

準備期間は長すぎても短すぎてもいけない。長すぎればどこかでだれるし、短すぎると時間が足らなくなる。スケジューリングが大切なのだ。ではどうすればいいのだ。

1つアドバイスをしよう。

 

★まずはテキスト全体をパラパラ眺める

とりあえず見開き1ページを2~3秒でパラパラ眺めて最初から最後まで通してみてみる。すると太字やタイトルなどの「キーワード」が目に入ってくるだろう。

そのキーワードに見覚えがあるならその部分は学習期間短めでもいけるだろう。しかし知らなかった場合、長めにとったほうが良い。

 

★得意分野を加味する

社会人が受験する試験には法規や計算問題が混ざった形式のものが多々ある。

私は理系なので、「理解」できるものはスムーズに学習できるのだが、そうでない法規などは「覚えるだけ」なので学習がかなり困難だ。

自分の脳みその「クセ」を知っておくとどの部分に時間がかかりそうか判断できる。

 

そんな感じでざっくりスケジュールを決めてみて進めると良い。

するとたぶん、どこかで狂ってくるはずだ。そこで焦らないことだ。

所詮ざっくり決めた事なのだ。早く終わるところもあれば遅くなるところもある。

②実際に学習をする

では実際に学習するときのポイントを思いついた順に列挙する

 

★原理原則や言葉の定義は確認しておく

意外と無視しがちなのだが、言葉や式などの定義は必ず確認したほうが良い。それを知っているだけで理解度が格段に上がる。理解度が上がると記憶も定着する。

漢字の成り立ちを覚えると覚えやすいのと同じだ。

 

★五感を使う

勉強するときに五感をフル活用すると良い。本は音読し、手を使って書いて、色を使ってとやってみる。ちなみに、食べても効果がないことは自分が一番よく知っている。

 

★リンク付け

テキストを順番に見ていくと、関連付けられる項目が出てくるはずだ。それを自分で見つけてノート等にまとめる。

一方向からではなく、多方向から観察するのだ。

有機的にリンク付けをすることで記憶の定着度合いが格段に上がる。

例えば歴史の歴史の勉強をしているとするならば、年表に書き起こす、白地図に時代ごとに戦の位置をマークしてみる、日本史と世界史で関連付けてみる、などをするといつの間にか覚えている。これは与えられたものより自分で工夫することが重要なのだ。

さいごに

私は受験のプロでは無いし、頭も良いほうではない。上記も思いつくまま書いている。

ググると沢山の学習法が出てくるし参考資料もたくさんあるので自分に合った学習をすればいいのだ。結局苦労して努力を効率よく行う方法を見つけた人間が結果を出していると思う。

 

 

 

 

補足だが、私は大学受験も失敗しているし、先日受けた試験の手応えもない。以上。

 

【追記】

運よく受かってました。

やっぱできる男は違うなー|д゚)チラッ